FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Milkmaid Stool 自己流補修

今日は3月4日


昔からの言われで 飾ったお雛様はさっさと片づけないと
お嫁に行き遅れるとかなんとか?




最近は 夫婦別姓とか パートナースタイルや 結婚しないチョイスとか 人それぞれではあるものの

それ以前に、お付き合いの段階で 周囲の男子がにげたりしたらこまるわね

と 急いで仕舞うことに。



押入れの天袋には椅子を出さなきゃ仕舞えない

慌てていたので ちょっと頼りないかなとおもいつつ
大きな椅子を動かすのを面倒がって 小さなアンティークスツールに
重たい私の体重と重たい硝子ケースごとのお雛様をもって登りました



この半円に三本足のスツール

なにに使うのでしょう~



百聞は一見に如かず

このスツールは この写真に写っている
ミルクメイドと呼ばれる 昔の牧場の手伝い娘のものです




牛やヤギの乳しぼりは 昔は女のお仕事

こんな風に女でも軽々もてるほどの小さなスツールは
片手にもちあるき
ちょこんと腰を下ろし乳しぼりのときに使ったそうです



さてさて

先ほど ありえないほどの重量を一気にかけたことで
下の方で

『むぎっ』

と音がしたのはなんだったのでしょうか




なんと
三本足の番のところが 上からの重さに耐えられず広がり
まずい状態に!!

あた~

どうしましょうかね・・・



見たところ 釘など使用していないみたいで
ふるい日本家屋などに用いられる 木造軸組み工法だと
入り組んでたりしたらどうしますか?




恐る恐る 引っ張ってみると
なんてことはない簡単構造だったので
緊急で 木用ボンドでひっつけておくことに。


せっかくなので 
拭いたり 磨いたりもしておこうかな



ここで 私が取り出したるは
なんと ‘馬油配合のハンドクリーム‘




床のフローリングワックスでもよいかとも思いましたが

昔 アンティーク家具売り場のイギリス人のおじさんが
‘昔は 馬油 で磨いたりした‘

といっていたのを思い出し 
私のカサカサお肌にもよいのだから まぁ木肌にも悪くは無かろうという
安直な考えのもと 乾拭きした後このクリームを擦りこんでおきました



ま 色が落ちたりというハプニングもなく
とってもきれいになったスツール

これからは 無理な重量などかけずに
ずっとずっと大切にしてゆきましょう~



このお雛様を送ってくれた祖母へ
写真を!と 無理やり座らされた娘さん

貴方の将来もちゃんと心配してますので 
安心してちょうだいませ


珍しいSCOTLAND製のアンティーク陶器製ボトル
紹介してます♡


ANTIQUE BOTTLES
。.*。写真をクリックで商品ページへ.*。*




*.*.*.お気軽にどうぞ***
入口はこちら♡


ドイリーなども扱っています

*.*.*.在庫のあるうちだけOPEN***
入口はこちら♡
**お気軽にどうぞ。.**


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
クリックありがとうございます(*´ω`*)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

わたくしごと

ワンダフルロンドン

Author:ワンダフルロンドン
イギリスビンテージ・アンティークが大好き。
主婦の日常を徒然とかたってます。。

Net Shop へようこそ('ω')

**こちらからどうぞ**
カテゴリ
最新記事
**Entryしてます**
クリックしてくださると嬉しいです(*´ω`*)
クリック感謝です(*´ω`*)クリック感謝です(*´ω`*)
過去の記事いろいろ
FC2カウンター
お気にいりのブログ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ケータイからもどうぞ
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。