FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こだわる人虚しい人

先日 イギリスの古いシフタースプーンをUpするにあたり

この‘シフタースプーン‘の使い勝手は・・・

と むくむく沸いた追跡心。

そうなると 試さずにはいられないのです

早速 粉糖をかける実験のため
シンプルなクッキーを焼きました



さてさて

サラサラのグラニュー糖を振りかけたところ
スプーンの穴からどんどん落ちてしまいます。


これは 古いこのスプーンの作られたころには
砂糖が今ほど小さな顆粒のサラサラ状態で売られていなく、
塊の購入した砂糖を各家々で粉状にして振るいかけていたため
穴が少し大き目になっているという 時代背景があります。


今度は粉糖を入れて 手先でふりふりスプーンを動かすも
ばさりと落ちたりして
なかなか 舞い散る粉雪のごとくはかかってくれません。


(こんな時は バイブルを出そう)



取り出したるは イギリスで買ったアンティークノウハウ本

昔のスイーツ等のレシピとともに キッチングッズなどについての説明や使い方なども
のっています~




そこにあった シフタースプーンの記載には

左手でスプーンの柄先を持ち 右手でスプーンのエッジをはじくように
砂糖を振りかける・・・・といった記載が。




粉糖の入ったスプーンを動かすのではなく
指先ではじくように 振動を与えると

丁度よい量の砂糖が綺麗に クッキーにかかってくれました♡




・・・と 妙に納得で

クッキーを焼いたり 
英語に苦戦したりしながら 
どうにかこうにか形になるまで ずいぶん時間がかかりました・・


こだわると こうなってしまうのがわかってはいるものの

かっぱエビ煎状態(やめられない・・・)になる性分なので仕方ありません




さてさて

無事おわったことだし 
やいたクッキーでお茶でも飲みましょう。


そして 残った分は腹減らしの彼らのおやつになります。




ここで この写真をみると 
相当量のクッキーがあり
一日では到底 消化しきれないように見えますが


安心してください! 今日中に必ずなくなります




年がら年中 胃が空っぽの10代後半には
朝飯前の量で 


読まないかもしれないメモを残します





かえってみると

下の子のクレームとともに 空の皿。

ほとんど食べた本人はいつものお布団ポジションでごろ寝しながら


『うまいもん買ってきた~?』


下をみると 床には踏んづけられたようにクシャクシャになった
メモ書きが転がっていました。


いつものことなので 慣れてはいますが

おやつに 砂糖で化粧したホワイトチョコチップクッキー!

いつもの ‘蒸かし芋‘ とかじゃないんだから
 
もっと感謝してもらえませんかね。


・・・・ということで 

..**英国アンティーク シフタースプーンUPしてます。**.

UPしています*。写真をクリックでどうぞ・.*
シルバープレート製 シフタースプーン♡ antique brass♡
*。アンティークBRASSの小物も・.*




*.*.*.お気軽にどうぞ***
入口はこちら♡


ドイリーなども扱っています

*.*.*.在庫のあるうちだけOPEN***
入口はこちら♡
**お気軽にどうぞ。.**


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
クリックありがとうございます(*´ω`*)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

わたくしごと

ワンダフルロンドン

Author:ワンダフルロンドン
イギリスビンテージ・アンティークが大好き。
主婦の日常を徒然とかたってます。。

Net Shop へようこそ('ω')

**こちらからどうぞ**
カテゴリ
最新記事
**Entryしてます**
クリックしてくださると嬉しいです(*´ω`*)
クリック感謝です(*´ω`*)クリック感謝です(*´ω`*)
過去の記事いろいろ
FC2カウンター
お気にいりのブログ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ケータイからもどうぞ
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。